NextGenビジネスソリューションズ

通信機器開発・製造/ソフトウェア開発
東京本社TEL: 03-5843-0200
札幌支店TEL: 011-813-6060
事業所アクセス

  2018年10月に配布の Windows Update の修正パッチ適用により、弊社製の通話録音システム「Neparrot」において、検索・再生機能のためにご活用いただいている Windows Media Player のシークバーでの操作ができなくなる事象が確認されております。本事象は、検索・再生を行うクライアントPCにおいて Windows Update を実施することにより、特定の修正パッチが適用されることで発生します。事象の発生が確認されている Windows Update の修正パッチは次の通りです。

Windows 10
  • 2018-10 Windows 10 Version 1803 の差分更新プログラム (KB4462919)
Windows 8.1
  • 2018-10 Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4462926)
  • 2018-10 Windows8.1向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4462921)
Windows 7
  • 2018-10 Windows 7 向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー (KB4462927)
  • 2018-10 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (KB4462923)

 Windows 8 は、既にマイクロソフトのサポート対象外OSとなっているため、弊社の通話録音システムでもサポート対象外となります。

(現時点では、Windows 8におけるシークバーの操作不良が発生する修正パッチは公開されていません)

音声再生時にシークバーの操作ができなくなりますが、音声再生に問題はありませんので、そのままご利用いただけます。
なお、本事象に関しましては、通話管理装置「Neparrot」のソフトウェア修正を予定しています。

本事象の回避方法

 弊社のソフトウェア修正が完了するまでの間に、シークバーによる操作を行いたい場合は、上記の修正パッチを個別にアンインストールすることでシークバーの操作が可能となります。

ただし、修正パッチをアンインストールする場合は、該当部分のみの修正ではなく、複合した修正パッチとなっているため、リスクなどに関しては充分にご配慮の上行ってください。


本件のお問い合わせ先

お問い合わせはこちらから。

メインメニュー